スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前漢の宦官、李延年とその一族について

「ブログの更新マダー?」と知人らに聞かれるも「明日から本気だすから」と乗り切りつつ
早一ヶ月が過ぎ地震の事とかで世間が左右されていまして、自分もわずかですが
その濁流に飲まれつつありました。
被災された方には心よりお見舞い申し上げます。

さて、今回の内容ですが、
とある場所で発表する内容の一部でして、地震の影響で中止になってしまいましたので
未完ではありますが、少しずつ纏めていければと思いまして記事にしました。

タイトルにもあるように、
中国・前漢時代(紀元前206年~8年)の宦官、李延年とその一族について
つらつらと述べていきたいと思います。

李延年というとパッと来る人はなかなかいないと思いますが、
彼の兄弟である李広利や、前漢の武帝(劉徹 紀元前141年~87年)の
寵愛を受けた李夫人はご存じの方も多いと思います。

李広利は貳師將軍として武帝の大宛征伐や匈奴征伐の総大将として活躍します。
「貳師將軍」とは李広利が太初元年(紀元前104年)に貳師城攻略の時に与えられた将軍号で
漢文には、故號「貳師將軍」(故に「貳師將軍」と号す)とあることから、
常設の将軍号ではないようです。
これ以降『漢書』巻六十一 李広利伝では、李広利のことを「貳師」と書かれていることからも、
李広利だけの将軍号だったのでしょう。

※李広利と李陵の関係
李広利と李陵は苗字こそ「李」であるが同じ系統ではない。
李広利は中山の人(『漢書』巻九十三 李延年伝より)
李陵は隴西の人(『漢書』巻五十四 李広伝より)

閑話休題
さて、話を李延年の李一族に戻しましょう。
まず彼ら兄弟間の構成を整理します。

李延年(?~?、宦官)
李広利(?~紀元前88年、李延年とどちらが年上か不明、貳師將軍)
李季(?~?、李延年から見て弟、李広利から見てどちらが年上か不明)
李夫人(?~?、武帝の夫人。李延年・李広利から見て妹、李季とどちらが年上が不明。傾国の由来)

『漢書』からではこのような兄弟構成であることがわかりました。

李延年と李夫人は元々芸人(楽人、今でいう歌手みたいなもの)であり、
李延年兄妹は新曲を作るたびに周りの人達を感動させたと伝えられています。(『漢書』)
また、李延年は司馬相如(紀元前179年~117年、賦の名人)に詩を依頼されるほどの腕前でした。

その才能を武帝に認められて、また李夫人が武帝の目に留まることにより、
彼ら李一族は武帝のお気に入りとなりました。
後に、李夫人は昌邑王劉髆(りゅうはく ?~紀元前89年)を産みます。
これにより、李一族は正式に外戚となったのでした。

しかし、順風満帆と思えた李一族にも暗雲が立ち込めます。
最初に李夫人が病死します。
李夫人は配慮ある人物であったようで、危篤状態と聞いた武帝が見舞いに駆けつけたのにも関わらず、
布団の中に顔を隠し、武帝の再三の要求にも断りました。
武帝が帰った後に、兄弟たちがその理由を聞くと、
「私は容姿だけで武帝の寵愛を得ました。今病気で乱れた顔を見せること
で我々兄妹達の寵愛を失うことを恐れたのです」

そして、李広利にも不孝な出来事が訪れます。
発端は劉屈氂(りゅうくつり ?~紀元前90年、武帝の甥)に、
昌邑王劉髆を皇太子にしてくれるよう依頼したところから始まります。
李広利は娘を劉屈氂の子に嫁がせており、密接な関係にあったわけです。

この二人の関係を快く思っていなかったのでしょうか、武帝は讒言を受けて劉屈氂を捕らえ、
その一族と李広利の妻子を処刑してしまいます。
この時、李広利は匈奴征伐に赴いていましたが、この事件を聞き匈奴に投降します。
最初は重宝されますが、同じ投降した漢人より上位に置かれたので妬まれて、
後に讒言により処刑されます。
これによって、李広利の系統は絶えてしまいました。

李延年は李夫人の病死後、徐々に武帝の寵愛が薄れていました。
また弟の李季は素行が悪く、宮中に出入りしてはその女官たちと関係を持つなどしていました。
武帝も目に余ったのか李延年・李季一族を処刑します。
李広利の事件が関わっていたかは不明ですが、李一族を除きたい陰謀でもあったのでしょうか。

一連の流れにより、処刑されずに残ったのは昌邑王劉髆の一族になります。
劉髆は早くしてなくなります(紀元前89年)が、息子の劉賀が昌邑王を継ぎます。

武帝の死後劉髆の異母弟劉弗が昭帝として即位します。(紀元前87年)
しかし、この昭帝の治世は長く続かず昭帝が病死します(紀元前74年)
昭帝には子がいなかったために、甥の劉賀が後継者候補として即位します。
ところが、即位直後から不品行が目立ったようで在位27日で廃位にさせられます。
海昬侯に封じられそこで生涯を終えます。
劉賀の死後は海昬侯の世襲は認められなかったものの、元帝の治世(前48年~33年)に
劉代宗が海昬侯を世襲することが認められ、
後漢においても国が残っていることが見えます。(『続漢書』 志二十二 郡国四 豫章)

さて、この李延年の一族で注目したい点がいくつかあります。

1,魏の曹氏に先立つ先例
宦官の血筋でありながら皇帝の位についたので有名なのは魏の曹氏がポピュラーです。
しかしながら、劉賀は在位27日とはいえ皇位についていることから、
宦官が存在する一族から初めて皇帝が現れた事になります。

2,列侯としての存続
劉賀の死後「國徐」として、世襲が認められなかった一族ですが、
再び世襲が認められるというのは例が少ないです。

3,宦官であり外戚でもある側近官
李延年は宦官であり、武帝と寝起きを共にするほど寵愛を受けていた時期もありました。
一方で外戚でもある彼は、異色な人物と言ってもいいでしょう。

また、李延年伝の最後にこんな文章があります。
「是後寵臣,大氐外戚之家也。衛青﹑霍去病皆愛幸,然亦以功能自進。」(『漢書』巻九十三 李延年伝)
(後に寵臣の多くは外戚の家からであった。衛青、霍去病は皆から愛され、
そしてまた自らの功績をもって昇進したのであった。)

つまり、李延年が後々の外戚に一定の影響を与えたということになります。
李延年は官職にも就いており、宦官が官僚として登場した先駆者でもあります。(司馬遷もその一人)
側近官の転換期を代表するにふさわしい人物であったのは間違いないのではないでしょうか。

そして、これら3点を統括してさらに一つの疑問点が浮かびます。
宦官の一族である李一族の末裔、昌邑王劉髆の一族がほとんど冷遇されていないことです。

※後の三国時代に魏の創始者である曹操は、
陳琳という人物に宦官の一族である事を責められた経歴があります。
その原因の一つが、後漢の末期の宦官の多くが
所謂「清流派」という派閥と対立していた事に端を発すのですが・・・
これに関してはまた別項を設けましょうw

閑話休題
宦官の一族でありながら、子孫が皇位に登り、最終的に列侯として一族が存続している様は、
後漢末に宦官という存在が一族ごと否定された事実と咬み合いません。
つまり、「前漢時代には宦官の一族という事が朝廷で不利に働くことは少なかった」
と、言えるでしょう。

以上、李延年とその一族に関しての考察を試みました。
正直なところまだまだ未完でありますので、李一族と関連した人物をもう少し詰めていけば、
何か別な背景が見えるかもしれませんが、側近官・外戚の点に注目し、
この後の同じ立場の人と比べると、共通点が多いのも今後の課題になると思われます。

拙い文章ではありましたが、皆様からのご教授をお待ちしております。
スポンサーサイト

高尾山登山

今日というか既に昨日ですか、高尾山に登ってまいりました。

結構突発的なものもありつつ、
高尾山といえばハイキングコースとしても有名なのもあり、
かなり舐めた装備で挑みました。
多分登山経験者や登山愛好家から殴られても、ごもっともという感じです。

高尾山は雪化粧をしているくらい雪が積もっており、
登山客も土曜日にしては少なめに感じました。

ちなみに、装備は以下
頭:Eなし
胴:E東独民間警察のトレンチコート
手:E革の手袋
脚:Eジーパン
足:E革靴(!)
装飾品:E手提げバッグ(中に飲み物、ヴァイスのカード)

高尾山口にてどのコースにするか、一緒に行った人(以下同行者)と思案すること5分
1号道(舗装された道路)は以前登ったことがあるということで、
それ以外のルートをみるに、稲荷山ルートというのが書いてあったので提案

稲荷山ルートとは、稲荷山の頂上を目指し、そこから尾根道を伝って高尾山に行くルートで
立派な登山コースだったらしい(後にわかる)
実は同行者は、ハイキングコースの1号道を想定して
悪天候ながらも、軽装備ながらも高尾山を提案したという

早速稲荷山ルートを目指すに、いきなりあまり舗装されてない道という現実。
おまけに雪が踏まれることによって、固められて結構滑りやすい道になっていて
柵のないところ(ほとんどだったけど)は文字通り命をかけての登山でした。

パッと見下山している人達は、良くテレビとかで見る登山者の格好をした人たちが殆どで、
ピッグも持たない、靴がおかしい、リュックではなく手提げバッグ、という
街で買い物をしているかのような扮装の我々をみて、憤りを感じたかもしれない。

頑張って登ること1時間程でようやく稲荷山頂上に到着
IMG_0887.jpg

看板によると八王子平野が一望出来るとのことだが、残念なことに全く何も見えないww
IMG_0888.jpg

稲荷山頂上までの道
IMG_0889.jpg

高尾山口から稲荷山頂上までの距離/高尾山頂上までの距離
IMG_0890.jpg

高尾山頂上を目指すに、道もだいぶ険しくなってきまして、
同行者はマンガのように転び、自分も一度足を取られました。
革靴では二度と登山しない
すばらしい教訓になりました、ほんとうにありがとうございます。

なんやかんや苦労して、高尾山頂上に到着。
雪が強くなっていたので、八王子平野など望むべくもなく、
絶景など、どこ吹く風といった感じでした。

ちなみに、頂上でヴァイスシュバルツをプレイするという
アフォな事をしようというノリだったのですが、悪天候でベンチが使えず断念。

とりあえずビジターセンターで休憩してから出ようと思ったときに、係員の人が
「その靴で登ってきたんですか?」
と少々驚き気味に訪ねてこられました。
いや、若気の至りなんです、許してください。
係員の方は優しかったようで、
「帰り道は気をつけてくださいね、行きより危ないですから」
とアドバイスしてくれました。

ちなみに、頂上で一組の若いカップルを見つけたのですが、
女性がヒールの靴を履いていまして・・・装備もまったく自分達と同じ感じ
しかも、自分達は下りは舗装された1号道で下山するつもりだったのですが、
そのカップルは自分達が苦労して登った稲荷山ルートに向かっていっていまして…
他人のふり見てなんとやらと実感しました。

帰り道は途中の神社でカラス天狗をみたり、
急勾配のコンクリートの道を滑らないよう必死に歩きました。
ちなみに下山は30分程。
舗装された道は味気なかったですが、現代文明の力に驚かされました。

本紹介はまた後日にでも。

【本紹介】石井仁 著『魏の武帝 曹操』

ブログ開設一発目ということで、最近二度目の読破をした本を紹介したいと思います。

著者:石井仁
タイトル:『魏の武帝 曹操』
出版社:新人物往来社
出版年:2010

著者の石井仁氏は魏晋南北朝史が専門で軍制史に深い方です。
タイトルにある曹操(155~220)は中国後漢末の人物で、
三国志を知っている方なら名前はご存知かと思います。
この本では曹操という人物の環境や、出世までの道のりを詳細に、しかし手放しに絶賛はせず、
動乱を勝ち抜いた人間として、その要因はどこにあったのかを魅力的に書かれております。
また専門用語は、わかりやすい解説を付けていたり、巻末の系図や地図は研究者でも
多用でき、研究書でありながらライトな読み物としても満足のいく本だと思います。

で、書いてるうちにここで終わってもいいかなぁと思ったのですが、
このブログの存在意義が薄れるので(そもそも無いようなきがするけれど)
章立てで解説兼感想といきたいとおもいます。

・第一章 濁流に生まれて
第一章は、曹操の祖父曹騰の出自から始まります。
「濁流」とは当時の「清流」と自称(諸説あり)していた、儒教を重んじる人達に対する呼び方であり、
一般的に、宦官や外戚(皇后の一族)またそれに組する人達を指します。
曹騰は、宦官であったために曹操は「濁流」の出身であったわけです。
その濁流であった曹騰ですが、清流派の人物を多く推薦します。
この点について石井仁氏は、一章で鋭く追求します。

また、曹氏の婚姻関係にも着目。
同姓不婚、異姓不養(違う苗字の養子は取れない)のタブーを曹氏が二重に犯している点に
問題意識をおくのは、研究者ゆえの視点と言えるでしょう。
同時に曹氏と夏侯氏の家系にも触れているので、これらの問題点が浮かび上がります。

・第二章 曹操の起家
第二章は、曹操がどのようにして身を起こしたのかを書かれています。
当時の中国はコネや家柄がモノを言う社会であったために、
曹操にいくら能力があっても、そう簡単には起用されないのです。
しかも宦官の孫となれば聞こえはよくありません。
しかし、第一章であった曹騰と清流派の関係から発生した繋がりが影響した点など、
あまり取り上げられない曹操の若き日やコネが明らかになる章です。

・第三章 挙兵
第三章は曹操が反董卓連合に参加する時期について書かれていますが、
最初は霊帝ついて書かれています。
霊帝(168~189)とは、後漢末の皇帝で12代目(数え方によって差異あり)
霊帝は、一般的に官をお金で買えるようにした買官制度等からに愚帝とされています。
(買官制度では実際に総理大臣クラスの地位を売った例もあります)
石井仁氏は、霊帝を再評価する立場にあり、この本では軍制改革について検証しています。
ちなみに、氏は買官制度に関しても別の論文でその意義について論じています。
機会があればその論文も紹介したいと思いますが。
そして、曹操は霊帝の軍制改革における諸制度を継承した、という
新しい視点を打ち出しました。おそらくこの視点は研究者としては、
石井仁氏以外に詳細な検証を行ってる人物はいないと思われます。

・第四章 群雄への道
第四章では、曹操が徐々に勢力を拡張する様子が書かれています。
また、縁の下の力持ちの一人荀の出自や家系について検証が行われており、
なぜ曹操に仕えたのか、また曹操をして「君は私の子房だ」と言わしめたのか、
ある意味キーパーソンともいえる人物の「キー」の部分が丁寧に解説されています。

また、「軍師」という言葉についての解説、
曹操の徐州大虐殺を曹操の失敗と位置付ける点、
覇権を争いの土台を固めていく曹操の行動が集約されています。

・第五章 天子奉戴
天子奉戴とは「皇帝を君主として奉ること」であります。
何のことかというと、189年に霊帝が亡くなると首都洛陽で政変が起こり、
その結果董卓(?~192)が政権を握ることになりました。
皇帝の献帝は僅か9歳なために実権はないに等しく、
董卓の死後も近臣達に振り回されて、曹操が奉戴する時には洛陽にいました。

天子奉戴はメリットも大きいのですが、デメリットも多く
その一つとして、皇帝直近の近臣達があげられます。
皇帝を奉戴した以上、皇帝をないがしろにするわけにもいきませんし、
裁量権も制限される可能性があります。
そうまでして得たメリットを存分に活かした様子を見ていける章です。

・第六章 中原を制す
お待たせしました、官渡の戦いです。
しかし、ただ官渡の戦いといっても、その前哨戦である白馬の戦い
また、袁紹がどのような施策をもって官渡の戦いにまで至ったのか。
三国志のターニングポイントとも言える大決戦ですので、
やはりお互いにそれなりの下準備を整えての決戦です。

また、先の第五章で述べた天子奉戴のデメリットが早くも現れてきます。
皇帝近臣の董承(?~200)のクーデター未遂事件が起こります。
董承は『三国志演義』だと忠臣として描かれていますが、
どうも実際のところは、群雄と同じく機会さえあれば天下に覇を唱える
そんな人物ではないだろうか、と疑問が浮かぶ人物であります。

中原を制した曹操と近臣達の活躍を見て楽しめるでしょう。

・第七章 赤壁の敗戦、そして魏王へ
お待たせしました第二弾、赤壁の戦いです。
…なのですが、意外と赤壁の戦い自体はあっさり終ります。
しかし、タイトルにあるように、赤壁敗戦後に曹操を待ち受けていた
過酷な試練をメインに書かれています。

敗戦という失敗によって落ちた威名を回復するのは並大抵ではありません。
しかし、それをやり遂げて漢王朝に代わる魏王朝建国への礎を築く
曹操の後年の戦い、最後に曹操の死をもって本は終ります。


三国志の専門研究家における、曹操を網羅した本というのは数が少なく、
また、曹操を主体に書く本で小説的にならない本は少ないものです。
曹操と言えば、三国志演義の影響が強く悪役の代名詞であったり、
また、劉備や孫権と違い、曹騰のような有名人がいるために、
ボンボンの出というイメージがありますが、決してそういうことはなく、
曹操もまた乱世を生き抜いた群雄ということが、この本からわかります。

また研究書という側面もあるので、一読だけでは終わらず
何度も読み直すことで、さらなる理解が得られると思います。
三国志を読み始めて、もう少し深く知りたいな、というファンであったり、
曹操を研究したい、という研究者にはうってつけの本でしょう。

ちなみに、初出版年は1995年でお値段的には少し高めだったのですが、
去年に文庫版がでたので、お手軽に買える点もイチオシします。

魏の武帝 曹操 (新人物往来社文庫)魏の武帝 曹操 (新人物往来社文庫)
(2010/08/06)
石井 仁

商品詳細を見る

始めてみた次第で

ブログというものは、何回か挑戦してみても挫折してしまう性格なのですが
今回は頑張って挫折しないよう続けていける予感がしたんですよ、ニュータイプ的な(笑)

一応、SNSとかツイッター等とは一線を画すつもりで、やろうかなと。
あくまでも私的なノートの要素も持つかと思います。
記事の目標比率としては、

本・論文の紹介・解説>>>オンゲ(FEZ)の事とか≧コスプレとかオタク談義

になればいいと思います。あくまでも目標ですが

リンクとか、プロフとか近日中に整えていこうと思います。
今日ではありません、明日から本気出すので。
ちなみに、記事も明日から本気を出しますので。
別に今日の間に更新されてたり、なにか変わってても気にしないでね、でねっ

で、本や論文のジャンルなのですが、「東洋史」が多くなる予定です。
とくに秦~魏晋南北朝(紀元前220~紀元後590くらい)を中心に読んでいきます。
それ以外にもとりあげますので、興味がある話題とか、お叱りの言葉等、コメントで頂けると幸いです。

また、僕はものすごく誤字脱字が多いので単語がおかしければ、流れで読んでください。切実にお願いします
一応チェックはしてますが、変換機能にゆとっているので、ご容赦ください。

ちなみにオンラインゲームはFEZ(ファンタジーアースゼロ)をやっております。
Aカセ、Bカセ、Dホルにそれぞれキャラがいます。
コスプレは、たまーにの比率で記事になるかもです。

さて、そういう事で明日から本気出すために、鋭気を養おうと思います。
それではノシ
プロフィール

奥戸ソウマ

Author:奥戸ソウマ
FEZではクルスガワ名義のほうが多いです。
基本工具書は以下を使用しています
漢書、後漢書、三国志、晋書
資治通鑑、建康実録
(すべて中華書局標点本)
三国志学会
魏晋南北朝史研究会の会員

↓以下もよろしくお願いします!

ツイッター

FEZ公式SNS


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。